自己破産は弁護士に依頼する

自己破産を希望する人の多くが、弁護士に相談をします。

弁護士に自己破産の手続きを依頼するメリットがあるためです。まず、面倒な手続きを全て任せることができます。自己破産では申請書類を作成したり、財産の調査を行ったり法律に詳しくない人にとっては困難なことが多いです。申し立てする書類を裁判所までもらいに行く場合、遠方に住む人には大きな負担になります。書類に不備があれば、再び裁判所を訪れなければなりません。弁護士はこれらの作業を全て行うので、面倒なことから開放されます。次に、早く手続きを終わらせることができます。

通常の自己破産では、破産手続きの開始が決定されるまでに、申し立てから1~2ヶ月かかります。弁護士が債務者の代理人であれば、即日面接が可能です。自己破産の申し立てをしたその日に、裁判官と面接をして債務者の返済能力を判断します。この時点で支払い不可能と見なされると、申し立てをした当日に破産手続きができます。

自己破産を行う人は、できるだけ早く借金問題を解決したいと考えるので、即日面接制度は大いに役立ちます。さらに、破産手続きを行った後に財産が見つかると、管財事件として破産管財人が選ばれて債権者に財産がわたります。しかし弁護士が代理だと少額管財事件を利用できることがあります。これによって予納金を低く抑えることができます。また法律の専門的な知識を持っているプロに依頼することで、依頼者は安心感を得ることができます。
離婚調停の弁護士のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *