弁護士の厳しい現状と将来性

司法試験の受験資格が改訂されて合格率が向上したと共に司法試験合格を目指す人も増えました。

弁護士がメディアによく登場するようになりそれも人気向上の原因の一つといえます。その反面かつてのように安泰ではないという話も浸透してきています。実際はどうなんでしょうか。確かに過払い金請求などはすでに多くの方が相談に来られ、案件が減少傾向にあります。しかし、債務整理などは今後も続きますし、高齢社会の中で遺産整理なども増えてくると考えられます。弁護士の数も増加傾向ではありますが、個人の営業しだいで身近な顧客を得ることは十分に可能です。

ただし、大手の法律事務所が債務整理などの案件を取ってしまう傾向にはあります。そのため、長期的な営業を常に行い個人事務所として成立させなければなりません。法律問題はどんな時代でもありますので尽きることはありませんが、営業力のある者が勝つという仕組みに変化してきています。かつての生涯安泰の仕組み自体は無くなってきていると言えます。司法試験受験者が勘違いしてはいけないことは、弁護士は公務員ではなく民間であるという意識を持つことです。

受かれば安泰という考えは持つべきではありません。もし自信がないのであれば、大手弁護士事務所にて学ぶ期間を作り、開業資金を調達することがおすすめです。開業して自由に仕事をするならば少なからず経営の知識と資金が必要です。しかし一般の会社を設立して軌道に乗せることを思えば、弁護士資格というのは未だ社会的地位の高いものなのでその資格を生かす十分な価値はあるといえます。
離婚調停の弁護士のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *