相続放棄をしたい場合の弁護士への相談

亡くなった人がこの世に遺した財産を親族などが引き継ぐのが相続とよばれる行為であり、常識的に考えれば、故人からの最後のプレゼントとして、今後の生活の支えとなるべきものを受け取ることができるありがたい制度です。

ところが、実際には遺産を引き継ぐことがかえって重荷となってしまうケースも存在します。典型的とみられるのが、亡くなった人が多額にわたる借金を抱えていたような場合です。このような場合は、遺産として現金、預金、不動産などのようにプラスの経済的な価値を持つもののほかに、借金による負債までもが知らずに継承されてしまい、借金をしたのは故人であるはずなのに、なぜか相続人が借金の取立てに怯える日々をすごさなければならなくなるような目に陥ることも珍しくはありません。

そこで、故人に借金があることがわかっている場合は、いくつか問題解決のための法律上の手段がありますので、早めに弁護士のような専門家の法律相談を受けて、適切なアドバイスをもらっておくことが大切になります。例えば、限定相続のように、受け継いだプラスの財産の範囲内で負債を返せばよいという制度もありますし、また相続放棄として、すべての財産を引き継がないという選択もできます。

ただし、これらの選択には法律上3か月以内という制限が設けられていますので、そうした意味でも弁護士への相談の機会を逸すると大変なことになってしまいます。また、故人に借金があるとはいっても、利息が法律の上限を超えるような違法な貸付けであった場合には、逆に返還請求をして財産を取り戻せる場合もあり、こうしたことは法律の専門家である弁護士に相談してはじめてわかるケースも少なくはありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *