弁護士を利用して生前相続をしておく

相続は、亡くなった後に必ず行われるものではありません。

亡くなる前に身近な人物に対して相続をさせることができます。これは、弁護士に相談をすれば必要な手続きの方法を教えてもらうことができます。こうした弁護士を利用した生前の相続方法は、法律的に贈与という形になります。なぜこのような贈与をすることが良いのかというと、こうすることによって実際に亡くなった後の税金を支払わなくても済むようになるからです。

基本的に、相続税と贈与税を比較すれば後者の方が支払わなくてはいけないお金は低くなる傾向にあります。正しい形で贈与をできれば余計なお金を支払う必要がなくなるので、家族に対して自身の財産を継承させようと考えている人は進んで贈与の手続きをするように弁護士に依頼しておく必要があります。一般的に、贈与は遺産を継承させるときと異なって契約となります。遺産の分割は亡くなった段階で法定の割合に従って行われることになりますが、贈与はあくまでも契約であるため自然発生的に生じるものではありません。

この点は、亡くなった後の手続きと完全に異なります。生前贈与の効果を亡くなった後にも発揮するためには、きちんと契約書とそれに必要な書類や判子を継承させる相手に譲らなくてはいけません。仮に、契約をしたとしてもその証拠を亡くなる本人が持っていたのでは継承した人は自由に使えなくなってしまいます。遺された人たちのことを考慮するためにも、正しい手続きを踏まなくてはいけません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *