相続でもめた時には弁護士に頼みましょう

相続においては遺産分割が大きな問題となります。

遺言書を残していてくれたのであれば、特に問題なく手続きを行うことができますが、そうでない場合はトラブルを招くことが多くあるのです。特に不動産など分割して処理することが難しいものについては、分割協議がうまくいかない可能性があります。このように相続における遺産分割協議がうまくいかない場合は、法律の専門家である弁護士に依頼するのも有効な方法です。

遺産分割協議では当事者同士が感情的になってしまっていることがあるうえ、相続人の数も多い場合は話し合いを円滑に進めることが難しくなります。そこで第三者でもある弁護士が仲介すれば、協議がうまくまとまる可能性も高くなるのです。ただ残念ながら弁護士が間に入っても、分割協議がうまくいかないこともしばしばあります。このような場合は裁判所での調停により解決を図るよりほかはありません。

もちろんこの調停においても基本は話し合いになりますので、当事者だけで調停に臨むよりも弁護士に依頼したほうがスムーズに交渉を進めることができます。また調停は関係機関から資料を取り寄せたり、さまざまな手続きをしなければいけなかったりと、労力や時間もかかります。弁護士に依頼すればそのようなわずらわしい作業もすべて任せることができますので、依頼者は安心して普段通りの生活を送れるのも大きなメリットです。相続でトラブルが起きた場合は、迷うことなく専門家の力を借りたほうがいいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *