遺言がある場合の相続と法律事務所

わが国は法治国家である以上、政治、行政から事件や事故の処理、会社の経営、家庭や地域でのいざこざといったものまで、世の中のさまざまなことがらが法律によってなりたっています。

しかし、日頃から法律事務所の門を叩くということはまれですので、ついそうしたことを意識せずに、法律上のトラブルになって後悔することも少なくはありません。誰もが生まれてから亡くなるまでに経験するであろうライフイベントのひとつとして、相続というものがあります。これも民法とよばれる法律にしたがい、相続人として財産を得る人や、その財産の配分などがあらかじめ決められていますが、なかには例外的な取り扱いをしなければならない場合もあります。

それは、亡くなった人が遺言書を残していた場合です。もし本人が自筆した遺言書が発見された場合、みだりに開封してしまったり、捨ててしまったりすると、法律上の罰則に問われてしまう可能性がありますので、家庭裁判所の検認という手続きを受けなければなりません。

また、本人自筆であったとしても、遺言書の形式が法律に適合せずに無効であったりすることもありますし、また、亡くなった人が膨大な借金を抱えていたようなケースでは、ただちに相続放棄をしなくてはならないという可能性もあります。いずれも法律上の手続きが必要となる問題ですので、近くの法律事務所に相談するのが適切です。法律事務所では、担当の弁護士が、法律の条文や過去の判例などを調べて、適切なアドバイスをしてくれるはずです。
離婚の弁護士のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *